中華への扉をこじ開けた”もや玉”

中華

こんばんは。自炊部のトニ夫でございます。
料理研究家リュウジさんのYoutubeを見るのが日課になっていますが、そこで出てきた”至高のニラ玉”
中華かつ卵料理ということで難易度が高めなのは必至。
あいにくこの日は「もやし」しかなかったのですが、こいつでチャレンジしました。

材料(2人前)

  • 卵 4個
  • もやし 1/2袋

調味料

  • 塩 小さじ1/3
  • 味の素 7振り
  • コショウ 適量
  • 油 大さじ3(2回に分けて使用)

調理手順

  1. もやしを洗ってヒゲを取る。
  2. 卵を割ってボールに入れ、塩,味の素,コショウを入れて、白身がなくなるまでよく混ぜる。
  3. 深めのフライパンにサラダ油大さじ1を入れて、もやしを30秒ほど炒める。
  4. 炒めたもやしを卵の入ったボールに入れ、軽く混ぜる。
  5. フライパンにサラダ油大さじ2を入れ、良く熱して4.を入れる。
  6. 素早く混ぜながら、30~40秒ほど炒める(卵が固まらない程度)。

完成!

ちょっと火を通しすぎたか、イメージより卵が固くなってしまいました。
が、初めてにしてはまあまあ。ご飯の上にのせて丼にしました。
肝心にお味は……かなりウマい!
味の素とコショウって、何か町の中華料理っぽくなります。
これはバリエーションがありそうなので、色んな具材で試したいと思います。
中華鍋が欲しくなったぞ!

調理時間費用手間技術
15分60円ウマいお手軽

コメント

タイトルとURLをコピーしました